読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY VISION 大阪初参戦

いってきました!初!モーニング娘。16のコンサート!

 

本当は前回の春ツアーにメチャメチャ行きたかったんです

なんといってもミスムンがありましたからね

でも48才のおばちゃんが行ってもいいんだろうか…石なげられないだろうかとか色々考えてる間に終わってしまいました…

 

やっぱりZDAで京都タワレコでのイベントで生のハルちゃんを見たことが大きな転機だったよなあ、と思います

 

コンサートは二の足を踏んでいた私ですが舞台は二回ちゃんと見ました

これについては又別のお話になるので書きませんがとにかくコンサートへ行こう!と決意してファンクラブには入ってないので普通にぴあでチケットを購入したわけです

 

初期も応援はしてたけどあの頃はメディアへの露出も多くてコンサートへ行ってまで見るほどの熱量もなかったので本当に初めてのモーニング娘。のコンサート

映像化されてるものをみると、みんながサイリウムを持ってぴょんぴょん飛んだりしてる

Twitter見てると振りコピなるものをしたりコールなんかも決まってるらしい

 

いやいや、そんなんおばちゃん無理やし

でも待てよ、DVD化されてるものはほとんど武道館なわけだけどメンバーが客席まわってる時に年配のお客さんが割りと真顔で大人しく座ってサイリウムだけ静かにちっさく振ってるやん

そういえばファミリー席は立たないで着席義務だったよな

よし!ファミリー席なら問題なしだ!

安心してきた!

 

確かファミリー席の最前では前の手すりが邪魔になるって話だけど、決してそこに前のめりになってもたれてはいけない

何故なら後ろの人がステージをみれなくなるからって読んだことあるな

よし気を付けよう

あと双眼鏡は必須よね

やっぱりハルちゃんの生汗をみないと話になんないもんね

 

色々なことをコンサート当日まで考え続けました

どこで買えばいいかわからなかったサイリウムは双眼鏡と一緒にamazonでポチりました

 

今回のオリックスはCDの発売当日ということもあり全員握手付き

これ、最後までかなり悩んだんですよ

始発くらいでいって並ばないと売りきれちゃうらしいけど中学生の娘にそれを強要するのは親としてどうよ?などと考え結局やめときました

個別握手会なんてハードルが高すぎる私にとってZDAで今回関西に来ないハルちゃんを間近で見られる機会はこれを逃したらしばらくないかもしれないけど、今回はコンサートに行くってことを唯一無二の目標としようと思ったわけです

 

さて当日

 

私は今は京都人ですが実家は大阪

オリックス劇場に近い心斎橋や難波近辺は20数年前私の庭でした

時はバブル、ワンレンボディコンマハラジャ世代なわけですよ

でも結婚、子育て、転勤等を経てすっかりご無沙汰な土地になってました

せっかくなのでグッズなどはあまり興味ないので会場にはギリギリつけばいいやと思って娘と懐かしの土地でブラブラしました

気づけば娘の服やらなんやらを買って結構な荷物が…

 

心斎橋からぷらぷら歩いて会場に向かうも詳しい場所がわからないからナビ出そうかなと思ってると調度暇そうなおまわりさんが立ってたのでオリックスの場所をききました

 

親切に地図を広げながら「今日何があるんです?」ときいてくる

「えーっと…コンサートです」

「誰の?」

「それを私にきくんですか?」

「うん、誰の?」

「…モーニング娘。です」

「…へぇ~…あ、ここをまっすぐ行ってね、それで」

 

いやいやいや、もちょっとなんか反応してよ!恥ずかしいやん!

 

やりとりを見ていた娘は

「多分おまわりさん、色んな人にきかれてんねんなあ、オリックスどこオリックスどこ?って。若いお兄さんやお姉さんばかりに聞かれてたのにいきなりこんなおばさんまできいてくるし、年齢層幅広いなあ、誰のコンサートやろ?って思ったんちゃう?

 

うちの娘は、モーニング娘。のファンのかなりの層がおっちゃんで占められてるってことをわかってないんやなあ、等と思いつつ会場へ

 

いや、結構いた!若いお兄さんも!

ハルちゃんの握手会は8割が10~20代の可愛い女の子達で残りは30代くらいの男性だったから若いお兄さんも男の子はやっぱりA○Bとかなのかなあと思ってたんだけどオレンジT着た大学生くらいのメンズ結構いてちょっとびっくりしたもん

 

席は二階の最前

回りにはおじいちゃんおばあちゃんなんかもいて、ほっこりした。親子で来てるっぽい人達もたくさんいた

 

コンサートはね、双眼鏡と肉眼で交互にみてたしサイリウムも持ってたしで後で眼精疲労による肩こりがひどかったけど、本当に楽しかった!

なんか、ハルちゃんが他のメンバーとアイコンタクトとってるのとか双眼鏡でみて、本当にレポでよくみるようなことが実際に行われているんだ!と感動したしハルちゃんの汗や屈んだ時におなかがちょっぴりぷにょってなるのとか愛しくてたまらなかった

でもハルちゃん痩せてたなあ、もうちょっと肉つけてもいいんだよ?ラーメン食べといで?って思ったよ

 

生ネセサリーもハルちゃんソロもMCも見れてただただ満足でした!

私も「はるか~!」「はるかちゃ~ん!」って叫びたかった

ピョンピョンしたりしたかった

 

ほとんどハルちゃん出てるときはハルちゃんしか見てなかったけど尾形さんの体型が良い感じに戻ってたのと野中ちゃんが可愛くて歌上手かったなあ

 

なんか参戦までの話が長くなってしまいましたがとりあえずこれが私の初コンサートでした

 

春も行くよ!ハルちゃん!

 

 

工藤遥ちゃん

ガラケーからスマホに変わったことで何が変わったって、動画を見やすくなったわけですよ

元々PCを立ち上げることもほとんどなかった生活で、年令のわりにガラケーはそれなりに使いこなしてブログなんかもバンバン更新してたわけですが、youtubeは見れないことはないけど画面も小さいし見る気もおこらずで

 

息子がスマホで動画見てるのをみて羨ましいなあと常々思ってたところでガラケーが何度目かの水死をなさったのでそのタイミングでかえたわけです

使いにくいわあ…文字打つのもスライドして打ったり、おばちゃん無理ですわ…と現実逃避する中で早速youtubeのアプリをインストールして色々みてたわけです

 

その中で多分道重さん卒業とかのNEWSがあったのかな?

そういえば今のモーニング娘。ってどうなってるんだろと見たのがきっかけですね

覚えてるのはトキソラの衣装に身を包んだメンバーの動画

勿論公式のものではなくファンの人が作ったメンバー紹介でその時に目がいったのは石田さんだったかなあ

フェミニンな巻き髪が素敵で気の強そうなお顔が良かったのです

ちなみに女子のショートカットはあり得ないと思ってたのでハルちゃんは眼中にもなかったです

ボーイッシュな女子とか最も苦手なタイプだったし

 

そして、新曲ということでTiki bunのMVを見た時に出会ったんですよね、この子に

 


f:id:obachanotaku:20161118162122j:image
 

 有明なチキブンのどや顔ハルちゃんですね

 

もう!なんていうか!

経験したことのないトキメクトキメケに包まれたわけです

ここここ、こんな子いたっけ?って

それから私はちょうど仕事で有給消化中だったこともあり三日間家族が仕事や学校に行ってる間、動画を漁りまくったわけです

最初はね、どや顔の子がハルちゃんと結び付いてなくて、この子がいない~って探してました

え?この、真面目にお仕事しにきたのに~って泣いてる子がどや顔と同一人物?…いやいやいやいや、…え?

みたいな感じで

 

もう本当にあの三日間は今でも覚えてます

完璧にハルちゃんにおちた三日間

三日後にはハルちゃんに夢中になり、それから二年たちますが、その想いはつのるばかりです

今までどのグループを好きだった時も、特別この子!ってのはなく、強いてあげるならゴマキが好きとかのレベルだったので、いわゆる推しメンと巷の人達が呼ぶ子が出来たのはハルちゃんが初めてです

そして断言しますが最後ですね

最初で最後の推しメン

 

ハルちゃんの動画だけみたわけではなく、2ちゃんねるやまとめ、ファンの日とのブログ、Twitter、紙媒体のもの、手に入るもの、情報をそれからも過去に遡って可能な限り集めました

ふと我にかえって、オクで手に入れたハルちゃんソロアングルは何度も見たけど、他のメンバーのを見たらその子を好きになるかも、と2、3人のものをまあいわゆるアップされたものを見ました

…やっぱハルちゃんに感じる様な気持ちはどのメンバーにたいしても起きない…

いや、語弊があるかもですが、他のメンバーもみんな好きです

でもあくまでも、みんな好きです、って程度におさまる

 

じゃあ何故ハルちゃんに対してだけ、こんな今まで感じたことのない感情を持ってしまうのか

そもそも、どんな気持ちでハルちゃんを好きなのか

女の子として、親目線で、イケメンぽいから、可愛いから

全て正解であり、全て違う

ただ言えるのは、私にとってハルちゃんは一人の芸能人の女の子でしかなくて、身内でもなんでもないのに、この子のために無償の愛を捧げたい、と思ってしまうくらいこの子の幸せを願っているのです

 

そして、48年生きてきて、それなりに色々人生経験を積んできた私の心をどうしてこの子はこんなに掴んでしまったのか、私自身にもそれは全然今は言葉で説明出来ないものなのだけど、この子を応援しながら拙い言葉でもそれをここで書いていきたいなあ、と思ってるわけなのです

ハルちゃんを知ることが出来た幸せ

はじめまして
とは言え、誰が読むわけではないとは思うんですが

2016年現在で48歳になるおばちゃんです
いやいや、そろそろリアルにおばあちゃんになってる友人もいるのでおばちゃんって言葉すら怪しいですね

そもそも20代や30代の女の子達が自分のことおばちゃんって言うの絶対おかしいから!
まあ私も10代の頃は二十歳超えた人をおばさん扱いしてたものですが

48歳ということは、アイドルでいうと松田聖子中森明菜たのきんトリオ等80年代アイドル全盛時代に中学生時代を送ってるわけです
でも私はその頃を父の仕事の関係で海外で暮らしており、日本の芸能界には疎い状態でした

雑誌なんかは数ヶ月遅れで購入可能でしたが高価でしたし、日本人学校に通ってたので誰かが買ったものを順番待ちして読ましてもらったり
今ならネットを駆使して海外にいてもそんな浦島太郎状態にはならないのでしょうね
羨ましい!

帰国してからも、そこまで芸能界に興味なくて、友達に話あわせて、トップテンやらベストテンをタラタラと見てる程度

最初にちょっとはまったのは、おニャン子クラブでした
帰宅部だった私が高校から帰ってくるとちょうどバングミやってる時間で
多分自分と同じくらいの年令の女の子達がワイワイやってるのを画面通してみてるのが楽しかったんだな~
今になって時々話題になりますが、女の子達の派閥争いっぽいものが如実に表れていてメチャメチャそこが面白かった!
今ならハロプロでそんなことあれば2ちゃんねるでスレッドが立ちまくるでしょうね

ちなみに私は河合その子が好きでした
清楚で可愛らしい外見とは裏腹にメチャメチャ計算高く上昇指向っぽいとこが非常に魅力的でしたね

あとおニャン子クラブが出てた夕焼けニャンニャンだったかな?番組名
ここでは毎週のようにおニャン子になるためのオーディションが行われていたんだけど、工藤静香がでた瞬間、この子は絶対受かってメチャメチャ人気出ると思いました
あたってましたよね

しかし秋元康さんは女の子に順位をつけるのが好きなんだろうなあ
AKB総選挙もそうだけど、夕焼けニャンニャンも毎日人気メンの順位が発表されてた記憶があります
モーニング娘。でそんなことされたら心臓痛くなるから絶対やめてほしいわ
他のメンバーのことを応援出来なくなってしまうのも嫌だし

とにかく女の子がたくさんワチャワチャしてるのを見れるってのがその頃から今までずっと変わらず私が好きなことなのですが、おニャン子時代は同世代だった彼女達ですが、今応援してるモーニング娘。は子供と同じくらいの年令の子達ですからね
月日が流れるのは怖いもんです

結婚して子育て中に仕事してなかった時代にハマったアサヤン
ここでモーニング娘。を知るのですが、見始めた時は既にロックボーカルオーディションは終わっていて、それに落ちた人の中から5人が集められたって所からだったかな?
まあでもモーニング娘。結成の時期をずっとリアルタイムではみてました

面白かった
本当にこの番組は面白かった
もっかい最初から全部CSでやってほしいくらい
プロアクティブ➕様スポンサーで

結局この番組は私の記憶が確かなら道重さん加入の時期くらいで終わったんじゃなかったかな?
なんか途中で急にモーニング娘。については全くやらなくなった様な記憶もありますが…
私自身も子育てや仕事に夢中であまり興味持てなくなったってのもありますがモーニング娘。についての関心は多分ここで切れました
だから、久住小春ちゃんだのジュンジュンリンリンだの光井さんだのは後々動画を漁る中で見た程度です

その後、息子が高校に入ったきっかけでAKBにドハマりした息子の影響で、なんでかAKBの握手会に京セラドームまで行ったりしました
ともちんのことを好きな娘に付き添いで行きましたが可愛かったなあ
すごく礼儀正しいお嬢さんって感じで

その後AKBから乃木坂にシフトチェンジした息子の影響で乃木どこの番組を毎週見るようになり、やっぱいいねえ、女の子の集団はとか思ってましたねえ

その間、モーニング娘。のことはほとんど頭になく、ヘビーユーザーだった2ちゃんねるの板にモ娘(狼)とかあるのみて、まだ需要があるのか?とか思ってたくらいです
まさかそこに常駐するようなおばちゃんになるとはこの頃は思ってなかったですよ

結局今私がモーニング娘。工藤遥ちゃんにドハマりしたきっかけってのは、おばちゃんだなあ…と思われそうですが、携帯をガラケーからスマホに変えたことなんですよね

忘れもしない2014年初秋のことです