読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工藤遥ちゃん

ガラケーからスマホに変わったことで何が変わったって、動画を見やすくなったわけですよ

元々PCを立ち上げることもほとんどなかった生活で、年令のわりにガラケーはそれなりに使いこなしてブログなんかもバンバン更新してたわけですが、youtubeは見れないことはないけど画面も小さいし見る気もおこらずで

 

息子がスマホで動画見てるのをみて羨ましいなあと常々思ってたところでガラケーが何度目かの水死をなさったのでそのタイミングでかえたわけです

使いにくいわあ…文字打つのもスライドして打ったり、おばちゃん無理ですわ…と現実逃避する中で早速youtubeのアプリをインストールして色々みてたわけです

 

その中で多分道重さん卒業とかのNEWSがあったのかな?

そういえば今のモーニング娘。ってどうなってるんだろと見たのがきっかけですね

覚えてるのはトキソラの衣装に身を包んだメンバーの動画

勿論公式のものではなくファンの人が作ったメンバー紹介でその時に目がいったのは石田さんだったかなあ

フェミニンな巻き髪が素敵で気の強そうなお顔が良かったのです

ちなみに女子のショートカットはあり得ないと思ってたのでハルちゃんは眼中にもなかったです

ボーイッシュな女子とか最も苦手なタイプだったし

 

そして、新曲ということでTiki bunのMVを見た時に出会ったんですよね、この子に

 


f:id:obachanotaku:20161118162122j:image
 

 有明なチキブンのどや顔ハルちゃんですね

 

もう!なんていうか!

経験したことのないトキメクトキメケに包まれたわけです

ここここ、こんな子いたっけ?って

それから私はちょうど仕事で有給消化中だったこともあり三日間家族が仕事や学校に行ってる間、動画を漁りまくったわけです

最初はね、どや顔の子がハルちゃんと結び付いてなくて、この子がいない~って探してました

え?この、真面目にお仕事しにきたのに~って泣いてる子がどや顔と同一人物?…いやいやいやいや、…え?

みたいな感じで

 

もう本当にあの三日間は今でも覚えてます

完璧にハルちゃんにおちた三日間

三日後にはハルちゃんに夢中になり、それから二年たちますが、その想いはつのるばかりです

今までどのグループを好きだった時も、特別この子!ってのはなく、強いてあげるならゴマキが好きとかのレベルだったので、いわゆる推しメンと巷の人達が呼ぶ子が出来たのはハルちゃんが初めてです

そして断言しますが最後ですね

最初で最後の推しメン

 

ハルちゃんの動画だけみたわけではなく、2ちゃんねるやまとめ、ファンの日とのブログ、Twitter、紙媒体のもの、手に入るもの、情報をそれからも過去に遡って可能な限り集めました

ふと我にかえって、オクで手に入れたハルちゃんソロアングルは何度も見たけど、他のメンバーのを見たらその子を好きになるかも、と2、3人のものをまあいわゆるアップされたものを見ました

…やっぱハルちゃんに感じる様な気持ちはどのメンバーにたいしても起きない…

いや、語弊があるかもですが、他のメンバーもみんな好きです

でもあくまでも、みんな好きです、って程度におさまる

 

じゃあ何故ハルちゃんに対してだけ、こんな今まで感じたことのない感情を持ってしまうのか

そもそも、どんな気持ちでハルちゃんを好きなのか

女の子として、親目線で、イケメンぽいから、可愛いから

全て正解であり、全て違う

ただ言えるのは、私にとってハルちゃんは一人の芸能人の女の子でしかなくて、身内でもなんでもないのに、この子のために無償の愛を捧げたい、と思ってしまうくらいこの子の幸せを願っているのです

 

そして、48年生きてきて、それなりに色々人生経験を積んできた私の心をどうしてこの子はこんなに掴んでしまったのか、私自身にもそれは全然今は言葉で説明出来ないものなのだけど、この子を応援しながら拙い言葉でもそれをここで書いていきたいなあ、と思ってるわけなのです