読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工藤遥ちゃんの卒業ということ

私の大好きな大好きな工藤遥ちゃんがモーニング娘。を卒業することになりました

 

ずっとずっと大好きだったけど、こんな48歳の若作りするほどの気合いもない中年のザ・おばちゃんがなかなかハルちゃんに会う勇気もなかったんですが

 

去年全国握手会で京都に来ることになって、もうこれは恥をしのんで行くしかない!寝不足は寝るしかない!とチキブン気分で行ったのです

そこで幻滅したかった…そうしたら今こんな辛い思いしてなかった…

 

ハルちゃんはお人形さんみたいに可愛くて、私が必死で考えてきた言葉を話すのをまん丸のお目目でじっと見てくれて、お返事してくれました

ザ・天使

 

それからは舞台も運良く京都でやってくれたから見に行ったし、コンサートも大阪公演に行って、今回の件は地元京都でやるじゃん!これは行かねば!と勢いこんで行ったわけです

 

いつものファミ席でオレンジ色のペンライトつけて、横の娘に、オレンジってこれだよね?って何回も確認して

3階席だったんですけど、周りをみても1階を見下ろしても、なんかオレンジやたらと多い気がしました

すぐ斜め後ろにはめちゃくちゃ可愛いオレンジTの女の子が嬉しそうにハルちゃんの話してましたっけ

 

1階を見たらいつもTwitterでみかけるハルヲタさん達を何人も見つけました

皆さんチェキとかTwitterに載せてるから、なんとなくわかるもんですね

本当に全身オレンジやん!あたしも30歳若かったらなあ…とか微笑ましくおばちゃんらしく、娘の付き添いのふりして、コンサートは始まりました

 

双眼鏡と肉眼とビジョンと、忙しくハルちゃんを見つめます

今回のコンサートのレポも読み漁ってたので、おお!これが!ああ、なるほど!とか思いながらニマニマと見てたんですよ

 

でアンコールあけ、出てきたメンバーみて、ああこれがあの衣装ね

うわぁダサい笑。ダサいのが又愛しい。とか思ってたら譜久村さんからのサラッとした言葉

 

ここで工藤遥から大切なお知らせがあります!

 

次にハルちゃんが言葉を発するまでの1秒くらいの間に、私はドラマ出演でも決まったか!とワクワクしたんです

馬鹿!私の馬鹿!

 

ハルちゃんは、少し早口気味に話し始めました

 

工藤遥は今年の秋ツアーをもってモーニング娘。及びハロープロジェクトから卒業します!

 

すぐに隣の娘が私をのぞき込みました

私は多分真っ青だったと思う

リアルに血の気がひいていく音聞こえたから

 

ハルちゃんの言葉にかぶさるように、会場中から、えー!って叫び声がきこえるより早く、斜め後ろの可愛いハルヲタさんが

 

いやだやだやだやだやだやだやだ…と小さい声で、だんだん悲鳴のように泣き始めました

私はそれ以上ハルちゃんの言葉が頭に入ってこなくて、ハルちゃんの顔も見れなくて、1階にいるオレンジの人達をずーっと見てました

口に手をあてて泣いてるオレンジ

さっきまで飛び跳ねていたのに呆然と立ちすくむオレンジ

前の席の背もたれに手を置いて俯いているオレンジ

 

ハルちゃんの言葉が終わり最後の曲に

ビジョンにはハルちゃんばっかり抜かれて、いやでも目に入るハルちゃんの泣き顔

譜久村さんにポンポンって叩かれてセンターに連れていかれて戸惑いながら嬉しそうに笑って泣いてるハルちゃん

 

そしてはけていく時に、秋までよろしくね!って

 

その後、はるか!はるか!ってコールが始まったけど、もうその場にいられなかった

最初に思ったのは、秋までってどーゆうこと?秋ツアーで終わりってこと?秋ツアーには出ないからそれまでよろしくってこと?

 

娘に、今、ハルちゃんなんて言ってたっけ?秋ツアーは出るって言ってたっけ?

って何回も確認しました

 

出ていく時にオレンジの人達が固まって泣いてるのが次々と目に入って…

真っ白な顔をしたオレンジの男の子

微動だにしてなかった

評論家っぽく、いや~今工藤が卒業ってのは痛いでしょ~うんうんって話すちがう色のおじさん

泣きながら電話かけてるオレンジの女の子

 

私は、それらを何の感情もなく見ながら、機械的に帰宅しました

 

そして、ママご飯いらないからまう寝るし、とだけ言って2階の部屋で1人電気もつけず次の日までトイレ以外出ていきませんでした

 

何してたのか、何考えてたのか、今になると全く覚えてません

話す相手もなく、いたとしても話す気もなく…

 

多分メンバーのブログやハルちゃんのブログ読んだりもしてたんでしょうけど、あの夜を思い出すの怖いんです

譜久村さんの、ここで工藤遥から!ってセリフから始まる悪夢の始まりがフラッシュバックになってよみがえるんです

 

でも、その夜だけではなくて、むしろその後ドンドン苦しみは襲ってくるようになったんですが…

 

書いてると辛くなりますね…